決済代行会社を知って使いこなし|ローン関連は上手に慎重に利用

面倒なカードの手続きもネットで簡単にできる

低金利で借りる

教育関連費用は政府系金融機関から低金利で借りることができる

カードローンなるものが存在し、突然の出費の必要に迫られた時でも、比較的、簡単にお金を借りることができます。そして、こうした様々なローンのひとつに、教育ローンがあります。 教育ローンとは、使途を教育に関係する出費に限定したローンのことです。教育ローンを取り扱っている機関として、まず、国の教育ローンと言われるものがあります。つまり、政府系金融機関で提供しているローンです。具体的には、日本政策金融公庫で借りることができます。

政府系金融と民間の金融機関を併用して教育ローンを借りる世帯もある

国の教育ローンは、貸付金利が年2.25%(2015年1月時点)と、かなりの低金利となっています。そして、そこに1%相当分の保証料が必要となります。ただし、この保証料は、連帯保証人を立てることができれば、支払う必要がなくなります。このように、元々、低金利である上に、母子家庭の場合や、世帯年収が200万円以下の世帯の場合には、年1.85%と、さらに低金利となります。つまり、優遇制度があるわけです。ただ、融資限度額は350万円とやや低めといった印象です。 一方、教育ローンは、民間の金融機関でも扱っています。その貸付金利は、やはり、低金利ではあるものの、国の教育ローンより、若干、高めの設定となっているようです。なお、融資限度額も、高めに設定されており、多めに借りることができるようです。このため、民間のローンを併用して借りる世帯もあるようです。